foreverの投資ブログ

人生の半分を病院で過ごした、アラフォー男の人生体験談と趣味ブログです。

iDeCoを始めたい人&iDeCoの最低限の知識

iDeCoとは
iDeCoは個人型確定拠出年金と言います。簡単に言うと自分で作る年金です。


個人というだけあり、やるも自由、やらないも自由です。今回はメリット、デメリット両方について書いて見たいと思います。

iDeCoなら松井証券


メリット
1:掛け金が全額所得控除になる
掛け金の金額は職業により異なりますが、掛け金全額が所得控除になるため所得税と住民税が減税になります。


つまり次年度からの住民税、所得税が安くなります。


2:利息や運用益が非課税に
通常の運用や預金だと利益が出ると税金がかかり、税金を引かれた金額を受け取ることになりますが、iDeCoは非課税になるため利益を全額受け取れます。


それを再投資に回すことにより長期的に見ると大きな効果(複利効果)を得られます。


3:受け取り時の税制優遇
まとめて受け取る場合と分割して受け取る場合によって違いますが、それぞれ優遇措置が取られており、金額によっては満額受け取れる場合があります。

iDeCoなら松井証券


デメリット
1:原則60歳まで引き出すことが出来ない
自分年金と言うだけあり、原則60歳までは引き出せません。貯金が苦手な方にはいいと思います。


2:運用リスクがあるため受取額が確定ではない
運用を自分で選んだ商品によって行うため、運用成績によって受取額も変わっていきます。


また、商品によっては元本が保証されていないものもあり、その辺はきちんと調べてから申し込む必要があります。


3:受け取る時に課税される可能性がある
受け取り時の金額が退職金などを含めて一定額を超えると課税される可能性がありますので、こちらも注意が必要です。

iDeCoなら松井証券


まとめ
いかがでしたでしょうか?メリットの裏返しがデメリットのようなものですが、いまは少子高齢化が進み、将来の年金も確かではなくなってきています。


投資はリスクもありますが、時間を味方につけるとそのリスクは大きく下がります。


iDeCo公式サイトもありますので、そこでシミュレーションをして、減税額や受け取り方法などを知っておけばとても便利な制度ですので、是非皆さん始めてみてください。
iDeCoなら松井証券