foreverの投資ブログ

人生の半分を病院で過ごした、アラフォー男の人生体験談と趣味ブログです。

株式投資初心者にこそ投信信託がおすすめ!

初めに
投資初心者が株式投資を始める場合にまず、思いつくのが大手や有名な個別株の株を買うことだと思います。


しかし東証1部の大手企業だと任天堂やユニクロで有名なファーストリテイリングなどの株を買う場合、基本的に1単元100株なので100万円以上1社に必要となります。


そこで投資信託の場合、これらの大型株に投資をしているファンドがあり100円から購入することで間接的に株主になることができます。


そもそも投資信託とは、簡単に言うと投資家からお金を集めて、そのお金で株や債券などに投資を行いその利益を投資家に還元するものです。


この投資信託にはアクティブファンドとインデックスファンドの2つのファンドがありそれぞれ投資の方法が異なります。


松井証券ではじめるiDeCo

アクティブファンドとは
株価指数の平均よりももっと上を目指すように運用する方法です。


株価指数とは、日本で言うと日経平均やTOPIXなどを指します。


投資初心者は、こちらのアクティブファンドの方が良いのではないかと思います。


しかし、実際には、長期的に運用した場合、この株価指数よりも平均値以下の実績になるファンドがほとんどです。


投資の神様であるウォーレンバフェットさえも近年では、この株価指数に寄り添う形になっています。


松井証券ではじめるiDeCo

インデックスファンドとは
こちらのファンドは、上記でもお話しした株価指数に連動する投資信託です。


実際に日経平均とTOPIXの株価指数に連動するように投資をしているファンドがあります。


こちらの方が運用の際の手数料も安くアクティブファンドの半分以下のファンドもあります。


基本的に投資信託は10年、20年と長期運用になるのでこの手数料も非常に影響してきます。


松井証券ではじめるiDeCo

まとめ
以上の事から投資初心者にお勧めの投資信託はインデックスファンドになります。


まず、前提として、銀行や窓口ではなく、ネット証券会社で口座を開設して、このインデックスファンドを買うことをお勧めします。


このインデックスファンドならば売買手数料が基本的には無料のファンドが多くかかる手数料は信託報酬と言う運用資産によってかかる管理費だけで年間でも1パーセントを切る安さになっています。


松井証券ではじめるiDeCo


ロリポップ!なら月々100円(税抜)から
WordPressなどの簡単インストールやカート機能、
アクセス解析、ウェブメーラーも標準装備!

直近のポジション取り&利確&RSI手法

ドル円の直近のポジション取りタイミングと利確ポイントのまとめです。


下のURLにまとめてあります。
https://www.tradingview.com/x/NAwoDcPI/


今後はもっと精度を上げて、ブログにして行こうと思います。

初心者が株式投資を始めるために!

はじめに
 現在、日本では低金利の影響で銀行に預けていても普通預金で0.001パーセントと非常に利回りが低く、仮に100万円を10年間預けたとしても100円しか増えません。


また、日本の景気も悪く給料や昇給もほとんど上がらない傾向なので資産運用を始めたい人は多いと思われます。


DMM.com証券

1.株式投資を始める事のメリット
資産運用することで将来の老後や子供の教育費などお金が必要な時にお金を用意できます。
また、株式投資の中でも、個別株ではなく優良な投資信託を選べば年の平均利回りは5~7パーセントとされているので銀行の普通預金と比べても非常に高いです。


そのほかにも株式投資はインフレ対策としても効果的で将来、インフレでお金の価値が下がれば銀行に預けているとリスクが高いです。


株式投資がインフレに強い理由としては、実際の現金を所有しているのでは無く会社の所有権を持っているからです。


インフレになると物の価値が上がるので会社や企業が儲かり株主に還元されることから株式投資の強みだと言えます。


DMM.com証券

2.株式投資のデメリット
 結論から言うと正しい株式投資をすればデメリットはほとんどありません。


しかし、株式投資をギャンブルのように行えば資産は増えるどころかどんどん減っていく可能性もあります。


特に株取引のデイトレードで信用取引をすれば運が良ければ儲かる可能性もありますが、ほとんどのトレーダーは負けてしまい借金をすることもあります。


初心者は投資と投機の違いを分からずに始めるので資産を減らしていく人が多いです。


DMM.com証券

まとめ
 以上の事から株式投資の初心者がやることは、まずネットで証券口座を開くことです。
間違っても銀行の窓口や証券会社には行かないことを強く勧めます。


高い手数料を取れる商品を進めてくるからです。


そして、次に個別株でデイトレードをする投機ではなく投資を行い、優良な投資信託か優良な高配当株を長期で保有することです。


長期で保有することでインカムゲインである配当金を貰えるのでその配当金を再投資してどんどん投資額を増やす方法を実践することが株式投資では重要です。


DMM.com証券


WordPress専用クラウド型レンタルサーバー『wpX Speed』