foreverのブログ

40歳目前男の人生体験談とブログと期間工初挑戦とこれからの夢について

貧乏とは?

昔は良く貧乏と言っていたと思います。現代の言葉では、なんて言うんですかね。

自分の子供時代は、貧乏だったかもです。世界ではもっと厳しい生活をしてる人はいると思いますが。

何が定義で貧乏と言うかは分かりません。

ただただ貧しいかったと思います。お金が無いときは、ご飯は1日1食でした、1食の食事も小麦粉を焼いて、冷蔵庫にある調味料をつけて食べるだけでした。ガスも止められてし待ったときは、水に砂糖を入れて飲むだけのご飯です。お風呂は夏場なら昼位に水風呂でした。水光熱が一度に二つ止まると、辛かったです。夜は暗くなるので20時位に寝て、早く起きてました。テレビも見れないので、暇があれば、本を読んでました。学校は交通費が無かったので行けませんでした。ネフローゼ症候群 が再発したときも、給料日までは病院に行くこともできなかった、日に日に、具合が悪くなるので、この生活をしていたらいつか死ぬんじゃないかと思い。19歳で家を出て、必死に働く事にしました。