foreverのブログ

40歳目前男の人生体験談とブログと期間工初挑戦とこれからの夢について

20代、30代を振り返り

今年で40歳になり、ここ3ヶ月は工場で働き、やっと慣れ始めました。


30代は借金返済とFXの勉強、20代でやりたかった事をして過ごしたかんじです。


悪く言えば、30代でフリーターです。でも、長くは無いですが、正社員として4回ほど採用されました。


正社員の生活は確かに安定はありますが、自分のしたいこと、自分の得意な事が活かす事が出来ない日々が続くと、いつも考えこんでしまい、最終的に退職してしまいます。


30代はこのパターンの繰り返しでした。20代は2社で正社員になり、3年と8年続けました。20代で店長の経験をしていたおかげで、仕事には困りませんでした。


30代では仕事に対する考えが、変わってしまいました。20代の頃はガムシャラに働いてました。体力的にも精神的にも、ゆとりがあったのでどんな壁も乗り越える事ができました。


30歳になった時に、この生活をずっと続けられるか、不安になったのが転機になりました。ちなみにその時の生活は、休みは月に2日~3日、拘束時間は14時間~16時間くらいです。週末は睡眠時間3時間~4時間くらいでした。


この生活をしていると、休んでも肉体的にも精神的にも回復しません。従業員には疲れた姿は見せられないので、我慢してました。


そしたら、ある日張りつめていた線が切れてしまいました。その日から、すべてにやる気がなくなり、仕事も厳かになり、上司からの指摘も日々増えていきました。
さすがにこのままでは、従業員に申し訳ないので、病院に行き見てもらうことにしました。そしたら適応障害と診断され、1ヶ月後には会社も退職してしまいました。


適応障害は悪くなると鬱病になる可能性もあるので、治療法の1つは環境を変える事なので、会社を退職することにしました。


その後は共同経営で会社を作りましたが、共同経営する人に詐欺にあい、1年で会社をつぶしました。その時の借金とFXの損失で、1000万の借金を作ってしまいました。


1000万の借金は重かったです。どう返すかも思いつきませんでした。日雇いの仕事もしていましたが、返済にあてるほどの稼ぎにはなりませんでした。


迷った挙句、父親に500万借りました。そのあと債務整理をして300万まで減額になり、月に5万円の返済で落ち着きました。毎日仕事、仕事でした。一緒に働いてる人に、「なんでそんなに働くんですか」と言われたことがありました。「借金返済です」と答えたあとに「借金返したら何するの」と言われて、返す言葉に詰まりましたが「起業します。」で終えた事だけは覚えています。


でも借金返済しても、起業するだけの資金がなく、だらだら今まできました。


40歳になり、考え迷うようになりました。企業を目指すべきか、今の工場で社員を目指すべきか、期間工でフル満了すれば、起業資金はたまります。


ただ、起業しても成功するかもわからない、最悪食べて行くことができればよいが、さらに先が心配です。
今の会社の社員になれば将来は安泰だと思います。人間関係で嫌な事もありましたが、今までの会社でも、同じようなことはありました。


今はこの悩みで、毎日過ぎていきます。9月に入ったら契約更新の話があるのでそれまでは、悩み続けると思う。