foreverのブログ

アラフォー男の人生体験談とブログと期間工初挑戦とこれからの夢について

病気で失ったもの

それは学生時代の思い出です。


人生の15年間くらい病院で過ごしていたので、小中学生時代の思いではほぼ無いです。


運動会や修学旅行、入学式、卒業式のイベント行事はいつ行われたのかも知りません。


今になってはどうでもいい話ですが、子供の頃は1度でも経験したいとおもっていました。


皆が学校に行ってる時に、自分は個室のベッドで安静にしている時間ばかりでした。ほとんど寝たきりでした。


腎臓を回復させるには、絶対安静が基本です。あとは食事制限と水分制限、投薬です。


退院してもすぐに、再発してしまい。入退院の生活が15年も続くとは両親も考えてなかったと思います。


高校生になってからは、再発は1回のみでしたが3年生の3学期に起こり、卒業式にはでれませんでした。


それでも高校生活は充実していました。入学式、修学旅行にもいけ、中学まで運動なんかしていなかった自分が、運動部に入ってしまいました。


部活の練習はすごくきつくて何度も吐きそうになったり、ご飯も食べれない時もありましたが、友達から仲間もでき、楽しかったです。


病気になっていなかったら、小中も楽しい学校生活を過ごせたのかとそのころは考えていたと思う。


でも人生は1度しかないので、これからも色々とあると思うが、どんな時も楽しみたいです。