foreverのブログ

アラフォー男の人生体験談とブログと期間工初挑戦とこれからの夢について

2-6-2の法則

2-6-2の法則この法則はどんなものにも存在していると思います。


会社、学校、食べ物、乗り物、etc・・・。


もちろんFXの世界でも存在していると、思います。


簡単に2-6-2の法則を会社で説明します。


全体の2割の社員は高い生産性


全体の6割の社員は普通の生産性


全体の2割の社員は低い生産性


生産性で例えましたが、違う例に変化させるだけで低い生産性の社員が、高い生産性の社員を超える事は簡単にできます。


組織は2-6-2の法則の上で成り立っているとおもいます。


低い生産性の社員がいなくなっても、直ぐに2-6-2の配置が出来上がります。


このブログを見てる人で、2割の人は共感、6割の人はどうでもいい、2割の人は信じない事でしょう。


私はこの法則をFXでも活用しています。FXの世界では2割の人が利益をだし、6割の人が±ゼロ、2割の人が大損している。


ただ、FXはゼロサムゲームなので2-6-2の法則の前のパレートの法則になるのかもしれません。


パレートの法則は80対20の法則


FXで簡単に例えると10人投資家がいたら、8人がマイナスになり、勝ち1人とfx会社の1人で8人のマイナス分を山分けみたいな感じです。


私はトレードでは2-6-2の法則の最初の2割に入る事を心がけています。


多分2割の人は早めにポジションを持つ、早めに決算する。


次にポジションを持つ6割の人がトレンドを発生させると思います。


最後にポジションを持つ2割がポジションを持つときに私は決算します。


この法則のおかげで、ゆとりを持ってポジション、トレードができるようになりました。