foreverのブログ

アラフォー男の人生体験談とブログと期間工初挑戦とこれからの夢について

FXの怖さ

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。


新年早々、為替暴落起きました。すこし、驚きもありますが、チャンスも逃しました。


ロスカット受け、退場された方も多くいるようです。私も過去にリーマンショックの煽りを受け、ロスカットされ、1000万の借金を作りました。


その頃はレバレッジ100倍でしたので、暴落した時の損失は今とは比べ物になりませんでした。


私はFXを始めた頃からチャートを毎日見ています。時間数にしたら、計りしれません。


その中で年に1回は暴落する日がある事に気付きました。リーマンショック、スイスフランショックみたいな大暴落は3年に1度位は起こりえます。


この暴落は日本人には不利の状況で起きます。今回の暴落も年明けそうそうに起きました。この時期に起きたのは、私がFXを初めてからは初です。


過去にはゴールデンウィーク中、夏のお盆期間中に10円位の暴落はありました。なので私は、この期間中はポジションを持つのは避けていました。今回は7日から取引すると決めていたので、ポジションは持っていませんでした。


リーマンショックで私が大損害出した時は、日本時間の深夜1時でした、この時はポンド円で20円位、5分間で動いていました。2008年の10月です。この月は51円位動きました。


暴落を引き起こす原因は2つあります。1つ目はヘッジファンドです。ヘッジファンドは1回に大量の資金を投入し、ここぞとばかりに攻めてきます。ヘッジファンドの武器は大量の資金と情報です。


2つ目はHFTです。HFTとは高頻度取引です。ひと昔前は「超高速取引」といわれてました。
この取引はコンピュータシステムを使い、1秒間に何千回も取引とキャンセルを繰り返すシステムです。
この取引は100%儲かるシステムです。


この2つに対応することにより、勝率はあがります。


私がこの2つに対して、考えて取引していることは、危機を回避することです。


常に危機を感じながら取引することです。危機は人それぞれ違うと思います。私の危機は暴落です。1円~3円位なら1日で動くことは良くあります。でも5円~10円動くことは年に数回です。
でもこの数回でFXを退場することもあるのです。なので私はこの数回を回避することを考えています。現に今回も、回避することができました。


私の中での投機の神「ジョージ・ソロス」が、本の中で市場の中で「まずは生き残れ」と言っています。


なのでどんな時でもリスク回避ができるように取引しています。